プログラミングにやる気が出ない時

こんにちは、絶賛病み期です。

いろんなことが重なって色々しんどくなってるんですが、プログラミング学習ももうやだ…ってなる時ありますよね。

僕はプログラミングが嫌と言うよりはプログラミングの時間が取れなくて辛いんですが(ブログなんて書いてないでやったら良い話)、どうしても無理な時は素直に諦めることも大事だなと思ったのでこんな記事を書いてます(ネタ切れとか言わないでください)

僕はプログラミングのやる気が無いわけじゃないのでタイトル詐欺ですね…すいません笑

プログラミング学習に関して言えば、同年代or年下なのに自分よりめっちゃできる…とか他のみんなはすごい勢いで自分のサービス作って公開してるのに自分は何もしてない…とか思っちゃうんですが、そりゃみんながみんな常に100%で頑張れるわけじゃ無いので無理して潰れるよりは良いかなと思いました。

細々とでも勉強してることは無駄じゃないし、本当に何も考えずに遊んでる人に比べたらずっとえらいです、みんなえらい!

あと最近はみんなRailsやってるから自分もRailsやろう〜とか思う人も多いと思うんですが、得手不得手は必ずあるので、みんながやってるからとかじゃなくて個人的に好きだと思えることを伸ばせたら良いと思います。僕もほんとはゴリゴリにアルゴリズム組んだりインフラに強いエンジニアにはなりたいと思いますが、Reactでフロント組んでる方が楽しいのでそればっかりです笑

でも、ストレングスファインダーでも自分の「強み」を活かすのが成長の秘訣だと言っているので、無理して辛いことを続けて悩み続けるより自分の好きな分野をやり続けて、気づいたらすごく得意になってそれが仕事に繋がる、みたいにしてた方が絶対人生楽しいしうまくいきます。

好きなことなら無理に伸ばそうと思わなくても勝手に成長していくものです。

自分の「強み」を活かす、ストレングス・ファインダーを使ってみた。【自己分析】

プログラミングに挫折する人も多いとは思いますが、挫折したからと言ってやって来たことが無駄になるわけじゃ無いし、最初は興味があったからやり始めたのだと思うので、その調子で自分の興味のあるものをどんどん見つけてチャレンジしていって欲しいと思います。プログラミングできる人が1番偉いわけじゃ無いので…

たまーに365日ずっと頑張り続けられるみたいなすごい人もいますが、それは1部の人だけで、そこまでの熱意がなくてたまに空気が抜けちゃうみたいな人はたくさんいると思います、そんな時は旅行に行くなり美味しいものを食べるなりして自分のペースでいきましょう〜!

愚痴みたいなどうでも良い話でしたが、見てくださった人はありがとうございました