draw.io

無料で使える高機能な作図ツール「draw.io」

技術ブログをやっていたり、プレゼンやゼミの資料作成をしていると自分で簡単な図を作りたい時があると思います。

今回はそんな時に便利な作図ツールdraw.ioを紹介したいと思います。

 

draw.ioとは

draw.ioとは、無料で使える高機能なオンライン作図ツールです。

一般的な四角や丸、矢印などはもちろん、豊富な図形やアイコンが無料で利用できます。

作図も簡単で、完成した図はGoogleドライブなどに連携して保存することも可能です。

フローチャートやUML図などはもちろん、回路図やネットワーク図など幅広い図を作ることができます。

下の記事内の画像もdraw.ioで作りました

Dockerコンテナとは?【Docker解説】

 

使い方

まずはdraw.ioにアクセスします。

Create New Diagram を選択して新しい図を作成します。

draw1

Basic > Blank Diagram を選ぶと完全に新規から作成できますが、BuisinessやMapsなど幅広いジャンルの雛形を選択して、そこから作り始めることも可能です。

draw2

今回はBuisinessから選びましたが、こんな感じの図が簡単に作れます。

draw3

左のツールバーから新しいアイコンや図を追加したり、右のツールバーで色を変更したりなども簡単に行うことができます。

draw4

単純に図として出力したいときは、左上の File > Export as で任意の形式で出力することができます。

draw5

とても便利なdraw.io、作図が必要な際にはぜひ使ってみてはいかがでしょうか!

 

プログラミング学習で重要なのは「何を作りたいか」を考えること