factfulness

FACTFULNESS(ファクトフルネス)

「FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」

私たちが普段どれだけいい加減なものの見方をしているのか人間のもつ10の本能で教えてくれる本。

どんなことに気をつければ、正しく事実に基づいて世界を見ることができるのか。

目次

第1章 分断本能 「世界は分断されている」という思い込み

第2章 ネガティブ本能 「世界はどんどん悪くなっている」という思い込み

第3章 直線本能 「世界の人口はひたすら増え続ける」という思い込み

第4章 恐怖本能 危険でないことを、恐ろしいと考えてしまう思い込み

第5章 過大視本能 「目の前の数字がいちばん重要だ」という思い込み

第6章 パターン化本能 「ひとつの例が全てに当てはまる」という思い込み

第7章 宿命本能 「すべてはあらかじめ決まっている」という思い込み

第8章 単純化本能 「世界はひとつの切り口で理解できる」という思い込み

第9章 犯人捜し本能 「誰かを責めれば物事は解決する」という思い込み

第10章 焦り本能 「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み

第11章 ファクトフルネスを実践しよう

本を読んで

本の中で、どれだけ世界のことを知っているのかというクイズ「チンパンジークイズ」が出て来るが、ことごとく間違えてしまい自分がどれだけ世界について間違った理解をしているか思い知らされた。

本書では10の本能が出て来るが、見事に全ての本能に自覚があってショックを受けてしまった。

就活を始める前なんかは、有名企業に入るべきで、そこにしかいい環境はないと思い込んでいたがまさに分断本能であるし、自分の仕事はフロントエンドエンジニアで、しかも昔から勉強している優秀な人たちには絶対敵わないなんて思い込んでいたのは宿命本能だ(自分次第では思い込みの通りになってしまうけど)。プログラミングの勉強だって、誰かがやっているから自分もすぐにそれを覚えなければいけないと思い込むのは焦り本能でしかない。

やはり思い込みの中で生きていくと楽なんだろうとは思う。ただ、それによる機会損失がこれほど大きなものと知らされてしまったからには現状のままではいられない。

仕事で成果を出すにも、他の人と同じような思い込みで動いていては人並みにしか結果は出せないし、自身のキャリアについても思い込みの範疇で就活や転職をしていては今考えている以上の働き方は当然実現できない。

・分断本能を抑える:大半の人がどこにいるかを探す

・ネガティブ本能を抑える:悪いニュースの方が広まりやすいと覚えておく

・直線本能を抑える:直線もいつかは曲がる

・恐怖本能を抑える:リスクを計算する

・過大視本能を抑える:数字を比較する

・パターン化本能を抑える:分類を疑う

・宿命本能を抑える:ゆっくりとした変化でも着実に変化している

・単純化本能を抑える:ひとつの知識が全てに応用はできない

・犯人捜し本能を抑える:誰かを責めても問題は解決しない

・焦り本能を抑える:小さな一歩を重ねる

上記のことを常に意識して、ファクトフルネスを実践していこうと思う。