GitHubの基本的な使い方【初心者向け】

前回の記事はこちら↓

Gitの基本的な使い方【初心者向け】

GitHubとは

GitHubとはGitを用いたソフトウェア開発プロジェクトのためのホスティングサービスです。

GitHubを利用することで、複数人での共同開発が楽になったり自分のソースコードを公開することができます。

GitHubのリポジトリに対して、変更したソースコードを取り込んでもらえるようリクエストを行うPull Requestという機能の登場により、OSSなどのソフトウェア開発環境は劇的に向上しました。

GitおよびGitHubは、現代のエンジニアにとっては必須のスキルと言えます。

 

GitHubの登録

アカウント作成ページにアクセスし、ユーザー登録をします。

Usernameは「https://github.com/◯◯」の部分となります。

プランはFreeで大丈夫です。

github join

 

SSHの設定

多くのGitサーバーではSSHの公開鍵認証を使用しており、GitHubもその一つです。

簡単に言うと、鍵を二つ用意しておいて、手元でデータに鍵をかけてGitHubに置いてある鍵で解除したら安全に通信が行えるよと言うものです。

 

まずはローカルでSSH Keyを作成します。

ターミナルで$ ssh-keygen -t rsa -C "メールアドレス"と入力します。

途中でパスフレーズを聞かれるので任意のパスを入力します。

そうすると、id_rsaと言うファイルとid_rsa.pubと言うファイルが作成されると思います。

前者が秘密鍵で後者が公開鍵となります。公開鍵はGitHubに登録するので、以下のコマンドなどで確認しておいてください。(鍵の場所は違う場合があります)

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub

 

次にGitHubへ公開鍵の登録を行います。

アカウントの「Settings」から「SSH and GPG keys」にアクセスし、「New SSH key」で鍵の登録を行います。

この際「Title」は任意なのでなんでも構いません。「Key」には先ほどの公開鍵の内容を貼り付けます。

 

これで準備ができたので、以下のコマンドでSSH通信ができるか確認します。

$ ssh -T git@github.com

このような表示がされれば成功です。

git shh

 

実際にリポジトリを作成する

いよいよ実際にリポジトリを作成していきます。

画面右上のツールバーから「New repository」を選択します。

new repo

Repository nameにはリポジトリ名

Descriptionには説明

FreeプランなのでPublic

READMEを作りたいのでInitialize this repository with a READMEにチェック

(Git管理したくないファイルがある場合は.gitignoreも作成)

上記のように設定して「Create repository」をクリックします。

repo

すると、リポジトリが作成されます。

repo2

次にこのリポジトリをローカルにクローンしてみます。

右の方の緑色の「Clone or download」をクリックしてSSHのパスをコピーします。

repo ssh

ターミナルで以下のようなコマンドを打つことでローカルにクローンすることができます。

clone

次に、何らかの変更を加えてプッシュしてみます。

ここのコマンドの意味がわからないときは前回の記事を参考にしてください。

Gitの基本的な使い方【初心者向け】

git push

GitHubを確認すると、hoge.txtが追加されていることがわかります。

add hoge.txt

以上のようにしてGitHubで開発を進めていきます。

興味のある方は、Pull RequestやIssueの使い方なども調べてみてください!