プライベートリポジトリを無料で作る方法【GitHub】

学生(or先生)限定ですが、プライベートリポジトリを無料で作成することができたので方法を説明します。

 

なんで無料なの?

GitHub Educationというプログラムを利用します。

これに登録することにより、学生(or先生)は教育上でGitHubを使いたいという名目で2年間無料でプライベートリポジトリを作ることができます。

ちなみに一般的な有料プランだと一人7ドル/月かかります。

必要なものは有効な学校のメールアドレスのみです。

 

申請手順

メールアドレスの追加

まずは学校のメールアドレスをGitHubに登録します。既に登録済みの人はこのステップを飛ばしてください。

SettingsのEmailsにアクセスして、Add email addressで学校のメールアドレスを登録します。

GitHub Educatioの申請

GitHub Educationにアクセスして、Join GitHub Educationで登録画面へ行きます。

Tell up what you need

個人ごとに違うかもしれませんが、私はStudentIndividual accountを選択しました。

Tell up about you

ここのアドレスで先ほど登録した学校のメールアドレスを選択します。

あとは他の必要な情報を記入して、How do you plan to use GitHubにはこのプログラムに申請したい理由を英語で記入します。

卒業研究でプログラムを作成するため、外部に公開しないで開発をしたいみたいなことを書きました。(嘘はついてません笑)

メールの確認

申請が上手く通ると、下のようなメールが届くと思います。

Hey “アカウント名”, we have some awesome news

We’ve upgraded you to a plan with unlimited free private repositories, which will be free for the next two years. After that, you’ll get an email saying that your coupon is expiring. You can reapply for another coupon if you still have academic status. We don’t have any collaboration limits, so any group projects you may encounter can be hosted via your account.

If you need help getting started with Git and GitHub, check out:
https://help.github.com/articles/good-resources-for-learning-git-and-github

We’ve also given you access to the Student Developer Pack, available at:
https://education.github.com/pack

If you have any questions, contact us:
https://education.github.com/contact

Spread the word: we love giving educational discounts to students, teachers, administrators, and researchers! Please send them to:
https://education.github.com

Have an Octotastic day!
– The GitHub Education Team

これで登録完了です!

残念ながら通らなかった人は、メールアドレス(学校のものではない)か、申請理由(あまりないとは思いますが)を再確認してみてください。

 

プライベートリポジトリを作る

早速プライベートリポジトリを作ってみましょう。

new repositoryでprivateを選択してみます。

github private

private repo

無事プライベートリポジトリを作ることができました!!

 

学生の人はぜひ登録してみるといいと思います!

GitHubの基本的な使い方【初心者向け】