エンジニアなら全員参加?技術書オンリーイベントに行ってきた話【技術書典4】

4/22(日) 秋葉原UDXで行なわれた技術書典4に一般参加してきました。

技術書オンリーイベント
知恵をこねたもの技術書オンリーイベント 第4回、開催決定!
4月22日11時開場:一般参加無料。入場整理券で並ばなくても大丈夫。持ち帰り用トートバック(限定数)つき!

日時 2018/04/22 (日) 11:00〜17:00
場所 秋葉原UDX アキバ・スクエア
主催 TechBooster/達人出版会
一般参加 無料
サークル参加申込期間 01/05〜01/24
サークル参加費 一般 7,000円 / パトロン 20,000円 (税込み)
当日は技術書典公式ファンブック「技術季報 vol.3」の販売も運営にて行います!

言うなればコミケの技術書バージョンのようなもので、サークルや会社、または個人が自分の好きな題材で技術書を書いて販売するイベントです。

一般的な入門書のようなものからニッチなものまで揃っています。

 

開始時刻に行けば大丈夫かな〜と思ってましたが、完全に舐めてました…

会場に到着するとそこには長蛇の列、11時少し過ぎに行ったのですが私の整理券番号は1500番台。

そもそも整理券が配られるレベルとは思っていなかったので(失礼)予想外でした、しかも当日は4月にも関わらず30度近くの猛暑…笑

会場に入れる頃にはすでに疲れてしまいました笑

 

どれも魅力的な本ばかりで、行く前はシス管系女子会さんとマンガでわかるWebデザイン+Gitさんの本が見れたらいいなと思っていたのですが、いざ行ってみたらお金が湯水のように消えていきます。

買い足りませんでしたが、ゲットしてきた書籍を紹介します。

“Auth0″でつくる!認証付きSPA

サークルはころころぶっくすさん

クラウド認証プラットフォーム「Auth0」を使って、認証付きのSPAを作る本を頒布します。SPAはNuxt.js、APIサーバーはRailsを使います。

テストで作ろう 初めてのAzureアプリ

サークルはFluoriteさん

「JavaScriptでテスト駆動開発をやってみよう!実際にWeb アプリを実装して公開!」するまでの手順を記載した本を予定しています(新刊)。http応答にはExpressフレームワークを、UIにはVue.jsを利用し、作成したアプリはAzure上で公開します。「1+1=2を検証します」では【なく】、「SQLデータベースに照会して××なら○○する、を検証する」という具体的な機能をテストコードで設計する様を、Mocha+Chai+Sinonを利用して説明します。

シス管系女子3

サークルはシス管系女子会さん

「シス管系女子」は日経Linux誌にて連載中のLinuxコマンド操作&シェルスクリプト入門解説マンガです。黒い端末の画面恐怖症なかけ出しエンジニアの方や、後輩や新人のコマンド操作に対する苦手意識を取り除きたい先輩エンジニアの方を対象として、現役エンジニアが100%マンガで解説する事をモットーに制作しています。当日は約2年分の連載をまとめた新刊「シス管系女子3」(商業誌)を販売します。sshポート転送やrsyncをなんとなくで使ってるという人でも、ググらなくてもやりたい事を的確にできるようになれます! 主人公「みんとちゃん」のキャラグッズ的な物も持っていくかも。

マンガでわかるDocker

サークルはマンガでわかるWebデザイン+Gitさん

「マンガでわかるDocker」「マンガでわかるScrapbox」「図解でわかるGoogleアナリティクス」やオリジナルキャラクターのグッズの他、商業誌「わかばちゃんと学ぶGoogleアナリティクス」「わかばちゃんと学ぶGit使い方入門」などを頒布します。

エウレ・テクノロギア

サークルはエウレカ9さん

著者それぞれのテーマで書いたものを一つの本にします

Libraries of React・Get ready for Next.js

サークルは底なし沼の魔女さん

React関連のフロントエンド。Reactについて今使うべき手法とパッケージをまとめた本とNext.js入門書

 

まだほとんど読めていませんが、どれも良さげな内容で読むのが楽しみです。

今回は自分の興味のある分野ばかり買ってきましたが、せっかくの機会、初めて触れる技術の本を買ってみるのも楽しみ方の一つなのかなと思います。

紙の本はすぐに完売するところも多いですが、ほとんどのサークルはダウンロード版も用意されているので興味のある本が合ったらぜひ調べてみてください。

 

なんとなくの軽い気持ちで行ったイベントでしたが、予想以上に盛り上がり楽しいイベントでした。

総参加者は6380人らしいです、すごいですね…

次回はもっと計画を練って早めに突撃しようと思います笑

 

※レバレジーズ株式会社さんのメディアに取り上げて頂きました、ありがとうございます(2018/10/02)

ITやデザイン系に関する知見を広げたい方へ!勉強会&イベント参加の参考になる記事まとめ